アイデア管理システムとは?

アイデア管理とは、特定の問題を解決するため、または全社的な改善のために、より広いコミュニティからアイデアを求めるための組織的なプロセスです。このプロセスでは、アイデア管理システムを使用して、各提案が確実に読まれ、評価され、応答されるような効果的な構造を作成します。透明性、構造、明確なポリシーなどにより、アイデア管理システムはより効果的に機能します。

アイデア管理システムには、4つの異なるプロセスが組み込まれています。

  • アイデアポータル
  • 堅牢な評価プロセス
  • 管理された実装プロセス
  • フィードバック、分析、および報酬


アイデアポータルは、作成者がアイデアを入力する場所です。多くの場合、生産上の問題をどのように解決するかなど質問や課題に応える形で入力されます。管理者は、組織内外の特定のグループを対象にすることも、関心のある人にグループを公開することもできます。

次の重要なステップは、偏りのないアイデアの評価です。これは、人工知能と自動化によって支援されることが多いプロセスであり、アイデアは分類され、スコアリングされ、最良のアイデアを抽出します。アイデアの実現可能性を調査するために専門家チームが呼ばれることもあります。場合によっては、チームメンバーがアイデアに投票したり、補足コメントを送信したりします。このプロセスには、信頼性、透明性、バイアスがかかっていないことが不可欠です。

アイデアを成功させるためには、管理された方法で実行することが重要であり、そうでなければ多くのアイデアは単に消滅してしまいます。重要な要素には、責任の割り当て、リソースの提供、および管理されたプロジェクト計画などがあります。アイデアの実行を専門に担当するチームを持っている組織もあれば、アイデアの恩恵を受ける部門に責任を割り当てる組織もあります。

最後に、投稿者にはフィードバックが必要であり、適切な場合には、優れたアイデアを認識して提案するための金銭的またはその他の報酬が必要です。分析、レポート、および監視プロセスは、進捗状況の監視、障害の解決、およびROIの決定に不可欠です。


https://digital.com/idea-management-software/