アイデア管理の必須機能

人気の高いアイデアマネジメント・プラットフォームの多くは、共通した必須の機能を備えています。それは以下の通りです。

  • 使いやすさ:プラットフォームは、特にアイデアの作者にとって使いやすいものでなければなりません。アイデアの概要を明確に説明するための十分なスペースと、補助的な文書を用意する機能が必要です。


  • モバイルアクセス:クラウド型、オンプレミス型にかかわらず、ユーザーが時間や場所を問わずにアイデアを書き留めたり、作業したりできるように、プラットフォームがモバイルデバイスに対応している必要があります。


  • クラウドソーシング:従業員、顧客、一般の人々など、幅広い層からアイデアを募ることができること。


  • キャンペーン:特定の問題や課題を解決するために、グループでアイデアを募る焦点を絞ったキャンペーンが実施できること。


  • 効果的なワークフロープロセス:柔軟かつ構造化されたワークフロープロセスにより、各アイデアの評価、格付け、スコアリングを確実に行うことができること。締め切り、プロセス、モニタリング機能を含む必要があります。


  • 透明性:作成者、同僚、経営陣にとってプロセスが透明であること、評価基準がオープンで偏りがないことが重要です。


  • ゲーミフィケーションと報酬:ユーザーが報酬や評価を競い合い、関心と熱意を生み出すことができる仕組みが重要です。


  • コラボレーション:プラットフォームはユーザー同士のコラボレーションをサポートする必要があります。例えば、他のユーザーがコメントしたり、アイデアを追加をしたり、最も優れたアイデアに投票したりできる機能が必要です。


  • 自動化およびAIツール:事前に定義された基準に基づいてアイデアをランク付けしたり分類したり、自動化されたプロセス管理や類似または重複するアイデアの検出など、アイデアの評価にかかる作業負荷を軽減するためのツール。


  • 統合:ソーシャルメディア、プロジェクト管理、ワークフロー管理、企業サインオンシステム、およびその他の関連する管理システムとの事前構築されたAPI統合。


  • データベース:承認および却下されたアイデアを検索可能なリポジトリに保管することで、将来的な利益につながるアイデアや価値を再発見したり、類似のアイデアが既に処理されていないかどうかを判断したりすることができます。


https://digital.com/idea-management-software/